素晴らしいエクセル用SEOツール

タイトルタグやディスクリプションタグといった内部テキストから、ページランクや被リンク数の外部状況、さらにソーシャルデータなど、ありとあらゆるデータをエクセルで簡単に抽出できるSEOツールです。海外の方が作成したものですので、一部google.comが指標となっているものや、英語圏のみで有効なものなどがありますが、単純な関数だけでも便利なので、ちょこちょこと自分好みのデータシートを作ってみようかと思います。

一気に膨大な量のデータを抽出しようとすると、かなり時間がかかることがありますので注意が必要です。

解凍後、エクセルを立ち上げ、seotools.xllを起動させるとエクセルにseotoolタブが出現します。また、ダウンロード後のフォルダにcookbookというものがありますが、これはすでにテンプレートを用意してくれているいくつかのファイルですので、URLを入れるだけで簡単に利用できるエクセルもあります。いろいろと便利な使い方を探してみてください。
ちなみに画像の関数ですが、2行目は以下のような形です。

A2:https://crosswalk.co.jp/blog/archives/9461
B2:=HtmlTitle(A2)
C2:=FacebookLikes(A2)
D2:=GooglePlusCount(A2)
E2:=TwitterCount(A2)

アイコン画像をクリックして抽出したい情報をクリックしてください。URLなどの必要情報を入力すればデータが抽出されます。

ダウンロードはこちらから
Download SeoTools for Excel!
http://nielsbosma.se/projects/seotools/download/


他の記事も読んでみませんか
【内部対策】:タイトルタグだけで上位化させる最高峰のSEO対策”9″つの戦術
【内部対策】:悪意のない、サイト内重複コンテンツでペナルティ”6”事例
【CRO】 :サイトに訪れたユーザーを逃さない、直帰率を改善する”11″の方法
【ツール】 :プロのSEO技術者なら知っている、使えるツール&サイト56選!
【戦 略】 :最高のキーワード選定は上位化率をアップさせSEOを成功へ導く
【内部対策】:Googleの形態素解析アルゴリズムを分析して内部SEOに活用する
【仮 定】 :関連性の高いサイトからのリンクが危険な理由
【内部対策】:【内部対策】低品質なページを改善して検索順位上げる方法
【調 査】 :有名サイト、昔と今のタイトルタグを比較
【仮 定】 :認知度やニーズの変化による検索ランキングの変化