【無料ブログblogger移転】個別ページから個別ページへのcanonical設定

無料ブログは.htaccessが使えない、メタタグを個別に設定できない場合が多い為、移転の際に、以前のブログの評価を引き継ぎしずらい傾向にあります。複製ページになってしまったり、以前のブログの評価が強すぎて困ってしまうケースも多々あります。

Bloggerで更新していたブログと当ブログの2つを更新する意味が特になかった為、1つに統合することにしました。リンクで簡単に誘導しようと考えましたが、SEO業者としては、なんとか解決しておきたいところだったので、無理やりですが、個別ページから個別ページへのcanonical設定ができたので流れをメモしておきます。

①まずブログの標準機能で探してみましたが、別ページへのリダイレクトは可能でしたが、自分のブログのURL内でしかできませんでした。個別ページの編集でもメタタグの設定はありませんでした。

②次にウェブマスターツールでの設定ですが、サブドメインは対応できないということで、こちらも評価を移転させることができませんでした。

③記事内にcanonicalを入れる方法を探してみましたが、どうやらスパム対策の為か、Googleは無視するようです。

④Googleのガイドラインを見てみましたが、独自ドメインの場合の移転情報しか見つかりませんでした。

⑤Bloggerの独自タグを調べてみました。個別のURLに対して情報を与えて抜き出せばなんとかなるような気がしたので、タグクラウドなどに移転先の情報を埋め込み呼び出そうと思いましたがタイトル、本文ぐらいしか使えそうなものはありませんでした。強引ですが、タイトルを移転さきのURLにして独自タグで呼び出しましたが、エラーになって設定できませんでした。

⑥特殊文字を使ってなんとかなりました。

「テンプレート」→「HTMLの編集」のメタタグに下記のように挿入して完了。無事に個別ページごとに別々のcanonicalを設定することができました。

<link rel=”canonical” href=”https://crosswalk.co.jp/blog/<data:blog.pageName/>” />

こんなに面倒にやらなくても簡単に設定できる方法があるのかもしれませんが、bloggerの情報があまりにも少なかったので苦戦してしまいました。


他の記事も読んでみませんか
【内部対策】:タイトルタグだけで上位化させる最高峰のSEO対策”9″つの戦術
【内部対策】:悪意のない、サイト内重複コンテンツでペナルティ”6”事例
【CRO】 :サイトに訪れたユーザーを逃さない、直帰率を改善する”11″の方法
【ツール】 :プロのSEO技術者なら知っている、使えるツール&サイト56選!
【戦 略】 :最高のキーワード選定は上位化率をアップさせSEOを成功へ導く
【内部対策】:Googleの形態素解析アルゴリズムを分析して内部SEOに活用する
【仮 定】 :関連性の高いサイトからのリンクが危険な理由
【内部対策】:【内部対策】低品質なページを改善して検索順位上げる方法
【調 査】 :有名サイト、昔と今のタイトルタグを比較
【仮 定】 :認知度やニーズの変化による検索ランキングの変化